re-connectするシルクロード コンサート & ドキュメンタリー / PIA LIVE STREAMにて2/26〜3/7 本編映像オンデマンド配信

PIA LIVE STREAMにて「re-connectするシルクロード コンサート & ドキュメンタリー」映像本編オンデマンド期間限定配信 2021/2/26 19:00 〜 2021/3/7

★ チケットぴあにて視聴チケット販売中!!!
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?e…

***

笙奏者 大塚惇平が共同代表をつとめる SILKROAD JAPAN 主催で2020年12月21日(月)に行われた紀尾井ホール「re-connectするシルクロード 」公演。 そのコンサート映像とドキュメンタリーを交えた作品のオンデマンド配信が間近です。

今回、主催・企画・制作・音楽監修・演出・出演をする・・・という初めての機会でしたが、ほんとうに素晴らしい皆様のお陰で成功裏に終えることができました。

音楽的成果もさることながら、まさに、ワークインプログレスであること。の価値を見ていただける映像になっていると思います。 チケットはぴあから発売中です。2/26 19:00 〜 3/7 までの配信です。 みなさまのご観覧をお待ちしています!

***

2020年12月21日に紀尾井ホールで行われた、日本・世界の伝統音楽の第一線で活躍する総勢9名のプレイヤーたちによる、コラボレーションコンサート「re-connectするシルクロード 」の動画配信です!

今回、リハーサルの様子や出演者へのインタビュー、本番当日の舞台裏の様子などを交え、対話を重ねながら舞台を創り上げていくコラボレーションの「プロセス」を描いたドキュメンタリーもあわせてご覧いただけます。

コロナ禍で分断された社会の中で、伝統音楽を通じて「reconnect=繋がりなおす」ことを模索した演奏家たちの試みを、余すところなく伝えます。

昨年の演奏会にいらっしゃった方はそのメイキングや舞台裏をご覧いただく機会に、また、コンサートを見逃した方々にもコンサートの内容みならずメイキングや当日を迎えるまでの過程、演奏家からのインタビューも含めてどの様にしてこの異色のコラボレーションが創られたかお楽しみいただける内容になっています。

今回、期間限定のご視聴になりますので、皆様のご観覧をお待ちしています。

***

「re-connectするシルクロード」

かつてのシルクロードの終着点と言われる日本から、東から西へ、音楽を通した新たな繋がりを描くことができないだろうか。コロナ禍の中、人と人、国と国が分断され、あらゆる物事がリアルな状況から切り離されてしまっている今、日本の伝統芸能が宿している自然や他者との共生感覚を元に、多様性溢れる豊な音楽世界の繋がりを描きたい。そのような思いの元に、日本、アラブ、ペルシャ、インドの伝統音楽の奏者に集っていただきました。

洋の東西を問わず存在する「五大元素」の宇宙観を元にした小編成でのアンサンブル、今回の公演のために書き下ろされたオリジナル楽曲を中心にした出演者全員でのシルクロード・アンサンブルなど、今回の編成ならではの響きをお楽しみいただきます。異なるアイデンティティーを持つ個人・文化が出会うことで生まれる新たな価値を感じていただけましたら幸いです。

出演者:
岩崎和音(イラン・ペルシア古典音楽 サントゥール)
大塚惇平(雅楽 笙)
小山豊(津軽三味線)
木場大輔(胡弓・作曲)
立岩潤三(パーカッション)
常味裕司(アラブ音楽 ウード)
寺原太郎(北インド古典音楽 バーンスリー)
中村香奈子(雅楽 横笛・排簫)
山野安珠美(箏)
音楽監修・演出:大塚惇平
舞台美術:田中紗樹
照明:柳田恭宏
映像撮影・編集:natural Paradox
音響収録:梶野泰範
舞台監督:前田聡
フライヤーデザイン:Peach studio
製作総指揮:澤入由佳・大塚惇平

企画製作・主催:一般社団法人 SILKROAD JAPAN

対面・Zoomレッスンを再開します

コロナの状況下で長らくお休みしていたレッスンですが、再開いたします。

それにあたり、You Tubeに私が笙を通じてみなさんにお伝えできることをまとめてみました。

レッスンについての詳細はこちらのページをご覧ください!

12/21 re-connectするシルクロード

SILKROAD JAPAN企画製作・主催渾身の企画です!私自身企画製作・芸術監督・出演をしています。みなさんのお越しをお待ちしています!

***

かつてのシルクロードの終着点と言われる日本から、東から西へ、音楽を通した新たな繋がりを描くことができないだろうか。コロナ禍の中、人と人、国と国が分断され、あらゆる物事がリアルな状況から切り離されてしまっている今、日本の伝統芸能が宿している自然や他者との共生感覚を元に、多様性溢れる豊な音楽世界の繋がりを描きたい。そのような思いの元に、日本、アラブ、ペルシャ、インドの伝統音楽の奏者に集っていただきました。洋の東西を問わず存在する「五大元素」の宇宙観を元にした小編成でのアンサンブル、今回の公演のために書き下ろされたオリジナル楽曲を中心にした出演者全員でのシルクロード・アンサンブルなど、今回の編成ならではの響きをお楽しみいただきます。異なるアイデンティティーを持つ個人・文化が出会うことで生まれる新たな価値を感じていただけましたら幸いです。

【演奏日時】 12月21日(月)18:00開場 19:00開演

【全席指定】 5,500円(コロナ対策による座席数限定)

【会場】 紀尾井小ホール 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6−5 https://kioihall.jp/access

【出演者】
岩崎和音(イラン・ペルシア古典音楽 サントゥール)
大塚惇平(雅楽 笙)
小山豊(津軽三味線)
木場大輔(胡弓・作曲)
立岩潤三(パーカッション)
常味裕司(アラブ音楽 ウード)
寺原太郎(北インド古典音楽 バーンスリー)
中村香奈子(雅楽 横笛・排簫)
山野安珠美(箏)

舞台美術:田中紗樹
照明:柳田恭宏
映像撮影:natural Parado
音響収録:梶野泰範
舞台監督:前田聡
フライヤーデザイン:Peach studio

【チケットお申し込み】
チケットぴあ 0570-02-9999  Pコード:189494
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2029227

・当日券の発券は直前の状況により判断させていただきます旨ご承知おきください。
・車椅子をご使用のままご鑑賞いただける場合があります。車椅子でのご来場については、お早めに各公演主催者にご相談ください。
・3歳未満のお子様はご入場いただけません。

当公演は、新型コロナウィルス感染拡大予防対策を徹底し実施します。ご来場の際は、下記の点についてご留意ください。
咳エチケット、マスク着用、手洗い・手指の消毒の徹底をお願いいたします。
・社会的距離の確保の徹底をお願いいたします。
・下記の症状に該当する場合、来場をお控えください。
・37.5℃以上の発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・ 筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐

【お問い合わせ先】
企画製作・主催:一般社団法人 SILKROAD JAPAN
https://silkroadjapan.org/reconnecting-silkroad/
電話番号:050-1001-6933
e-mail : silkroadjapan2020@gmail.com

8/29,30「音楽堂 夏FES.(おんなつ)」和楽奏伝

2020年8月29日(土) 19:00 ~ 8月30日(日) 21:00 配信(有料)
「音楽堂 夏FES.(おんなつ)」に、和楽奏伝のメンバーとして参加させて頂きます!@霞町音楽堂 私は①天籟の章(てんらいのしょう)に出演いたします。
________________________________

和楽奏伝(わらくそうでん)
自然と共に生きてきた古来からの感性を現代に伝える音楽舞台を表出。
伝統日本音楽の継承、発表に留まらず民族的で原点的な音を追求することで
未来に繋がる根源的な地球音楽を目指す日本音楽家のプロジェクト。

今回は
「和楽奏伝チーム」を二手に分けまして小編成でお送り致します。

________________________________

29日深夜26時頃から(30日午前2時ころ)(40分間)

①天籟の章(てんらいのしょう)
天籟とは自然が出す響きのこと。
雅楽器(笙・篳篥)や箏、笛、太鼓を軸に構成。古の響きに思いを寄せ、
現代日本にまで脈々と続く感性を紡ぎ出します。

篳篥:三浦元則 https://www.ensemblemuromachi.or.jp/members?lightbox=image_14l3
笙:大塚惇平 http://ohtsukajumpei.com
箏・十七弦:山野安珠美 https://profile.ameba.jp/ameba/yamanoazumi
太鼓:山部泰嗣 https://www.yamabe-taishi.com
笛・胡弓:吉井盛悟 https://www.shogo-yoshii.com
________________________________

②人籟の章(じんらいのしょう)
人籟とは人が出す響きのこと。
血が騒ぐ祭囃子、
民謡、土着芸能の持つ野趣で力強いグルーヴィなサウンドを軸に構成。

津軽三味線:浅野祥 http://sho-asano.com
太鼓:辻勝 https://www.facebook.com/wadaiko.tsuji/
太鼓:山部泰嗣 https://www.yamabe-taishi.com
笛・胡弓:吉井盛悟 https://www.shogo-yoshii.com

________________________________

チケット情報など

おん夏 リンクページ
Twitter
https://twitter.com/onnatsu2020

Facebook
 https://www.facebook.com/onnatsu2020

Instagram
 https://instagram.com/onnatsu2020

チケットぴあ
 https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b2063861

10/28 日本の伝統・雅楽「笙」の魅力を知る〈演奏会付き〉よみうりカルチャー講座

雅楽「笙」鈴木治夫・仕事場350-475.jpg雅楽「笙」大塚惇平350-475.jpg

奈良時代から受け継がれる雅楽の楽器「笙(しょう)」の魅力を堪能します。前半は、笙職人で演奏者でもある鈴木治夫さんと、新進気鋭の笙奏者として注目されている大塚惇平さんのトークです。後半は、笙の響きを独奏にてお楽しみいただく演奏会です。

【日時】 10月28日(水)19:00~20:15

【会場】 読売新聞東京本社3階「新聞教室」     東京メトロ千代田線・丸ノ内線・東西線・半蔵門線「大手町駅」C3出口直結)

【講師】 笙職人 鈴木治夫さん
     笙奏者 大塚惇平さん

【受講料】会員・一般 3,300円(税込み)

【問い合わせ・申し込み】事業担当 03-3642-4301

お申し込み〈コンビニ払込(別途、払込手数料110円)をご希望の方〉はこちら

お申し込み〈クレジットカード支払いご希望の方(外部サイト「パスマーケット」に移動します)〉はこちら


よみうりカルチャーでは、新型コロナウイルス感染拡大防止の三つの基本(身体的距離の確保、マスクの着用、手洗い)を踏まえながら、細心の注意を払って講座を運営しています。「新聞教室」を会場にした本講座でも、以下の防止策を行います。

講座当日は、お出かけの前に検温をお願いします。37度5分以上ある場合、ご受講できません。教室入り口でもスタッフが非接触型体温計で検温いたします。

・風邪の症状がある場合、ご受講をお控えください。
・教室入り口に、手指用の消毒液を用意します。
・講座中もマスク着用をお願いいたします。
・教室内のいすは、隣と距離を空けて配置します。
・換気のため、講座中も入り口の扉は開放します。

ご理解、ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

《問い合わせ》事業担当 03-3642-4301(平日10:00~19:00、土曜日は17:00まで)

8/29 緋の回廊

筆と笛の描く旋律シリーズ 第1回「緋の回廊」四季折々の花の寺で知られる名刹 長谷山 本土寺。広大な境内を巡る緋色の回廊が緑に鮮やかに映えます。雅楽の笙とインド古典音楽のバーンスリーの織りなす幽玄の音色と静かな寺の空気を吸い込みながら大筆で描き出される書の世界。国内外で活躍する世界的アーティストたちによる、竹の笛と竹の筆による幻想的な供宴です。夏の終わりに時空を超えた小さな旅を。。。

出演
白石雪妃(書)
寺原太郎(バーンスリー)
大塚淳平(笙)8月29日(土)

14:00開場、14:30開演(終演16:00予定)
参加費:4,000円
定員:15名(要予約)予約先:srgmpure@gmail.com(寺原)
もしくは出演者へのメッセージでお願いします。

会場:長谷山 本土寺 (あじさい寺)
http://www.hondoji.net/
千葉県松戸市平賀63
アクセス:JR常磐線北小金駅下車 徒歩15分程度 
★駅からお寺の仁王門までの徒歩約15分はほぼ参道で、緑のトンネルです。境内も緑豊かで、生態系に影響を与えない保全管理をされています。本土寺開門9:00〜最終受付16:00迄 閉門16:30☆駐車場:境内に駐車場はございません。お車でおいでの際は周辺のコインパーキングをご利用ください。※マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。

【出演者プロフィール】
●白石雪妃 Setsuhi ’eri’ Shiraishi
書家。伝統的な書の世界を伝えつつ、独特のスタイルで他ジャンルとのコラボなど、書道を総合芸術として昇華させる世界観は高く評価されている。パリやNY、SFで個展を開催、毎年フランスに招聘されるなど海外でも活動し、生演奏との融合から生まれるライブ書道は世界中で多くのファンを魅了している。
2014FIFAワールドカップサッカー日本代表新ユニフォームのコンセプト「円陣」揮毫。
(株)資生堂 クレ・ド・ポー・ボーテ「6人の女性たち」に選出される。PanasonicのTRMや日本オラクル(株)の壁書画を制作するなど、枠を超えた活動も展開する。
http://www.setsuhi.com

●寺原太郎 Taro Terahara
北インド古典音楽バーンスリー奏者。91年より巨匠ハリ・プラサード・チョウラスィア師の弟子である中川博志氏に、96年より巨匠ニキル・ベナルジー師の愛弟子H.アミット・ロイ氏に師事。06年より継続的にオーストラリアWoodford folk festivalに出演。07年坂本龍一プロデュース「ロハス・クラシックコンサート」出演。映画「るろうに剣心」(2012、2014)、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」(2015)、インドネシア映画「見えるもの、見えざるもの(Shikala Niskala)」(2017)等で挿入曲を演奏。国内外で演奏活動を行う。共演にU-zhaan、常味裕司、Tenzin Choegyalなど。2016年より都賀のギャラリーで「世界音楽紀行」をナビゲート、ワールドミュージックフェスティバル「オンガクノムラ」企画。インド古典音楽の深い理解に基づく、叙情的かつダイ ナミックな演奏で、各方面より高い評価を受ける。
http://srgmtaro.jimdo.com/