BIOGRAPHY

笙 うた 奏者 大塚惇平

ヴォイスパフォーマンスの活動を通して笙の響きの世界と出会う。早稲田大学第一文学部卒業。音楽文化論を小沼純一氏に師事。田島和枝氏に笙の手ほどきを受ける。その後、東京藝術大学音楽学部邦楽科雅楽専攻卒業。笙、琵琶、右舞、歌物を専攻。現在、笙、右舞、歌物を豊英秋氏(元宮内庁式部職楽部首席楽長)に師事。雅楽古典の演奏・研究をベースにしつつ、現代音楽や即興演奏、他ジャンルとの交流を積極的に行う。
近年の主な共演者には齋藤徹(コントラバス)ジャン・サスポータス(ダンス)平山素子(ダンス)川井郁子(ヴァイオリン)佐藤公哉(表現 hyogen)蔡怜雄(トンバク、ダフ)などがいる。また、日中韓芸術祭(2015)、信濃の国 原始感覚美術祭(2014 2016)、目白庭園 秋の庭園ライトアップ「大塚惇平 雅楽コンサート」(2016)DOMMUNE「Akiko Nakayama curation 液体図鑑 vol.1 」(2017) 他、都内コンサートホール、アートスペースでの演奏、屋久島 益救神社、丹生都比売神社、高麗神社、深大寺等の寺社にての奏楽奉仕等、精力的に演奏活動を行っている。
演奏活動の他に、古代から現代に通じる「笙」の響きの世界を伝えるべく、日本各地での学校公演はじめ、静岡大学でのアートマネジメント人材育成事業での講師、個人の笙教室、カルチャーセンター講師他、ワークショップを開催するなどの活動も精力的に行なっている。よみうりカルチャーセンター講師。

photo:唐亨