11/10 正覚寺開山400年記念祭 シルクロード コンサート

中目黒のお寺「實相山 正覚寺」の開山四百年記念祭の中で、過去と現在、大陸の西と東をクロスオーバーすることをイメージしたシルクロードコンサートを行います。それぞれの楽器の背景にある文化や、演奏者それぞれのアイデンティティーを失うことなく行うコラボレーションの調和のエネルギーを元に、平和で豊かな世界を描き、正覚寺400周年記念を寿ぎます。

今回は津軽三味線と北インド古典音楽を中心に、日本画家の加山又造氏による「墨龍」の原寸大展示のインスタレーションとのコラボレーションを行います。異なる文化やジャンル、様々な人のご縁、そして天地を繋ぐものとして龍を捉え表現すると共に、今回新たに落慶した鬼子母神堂にちなみ、今後さらにお寺が子どもから大人まであらゆる世代や、コミュニティーを必要とする人々を繋ぐ場となっていくことを祈念します。

□ 日時:令和元年 11月10日(日)
鬼子母神堂前メインステージにて12:00〜 19:00~の2ステージ(1時間程度)
*10:00から20:00まで境内で様々な文化的な催しが予定されております。詳しくは、shougakuji.or.jpをご覧ください。

□ 場所: 実相山正覚寺 (目黒区中目黒3-1-6/Tel: 03-3712-6797/中目黒駅から徒歩3分)

□出演者:
市川慎(箏)、小山豊(津軽三味線)、小山清雄(津軽三味線)、大塚惇平(笙)、寺原太郎(バーンスリー)、Ty Burhor タイ バーホー(タブラ)、Yoshika(シルクロード、東西を紡ぐ舞人)

□ 料金:入場無料

□ 正覚寺URL:
http://shougakuji.or.jp

□ 主催:実相山正覚寺
  協力:一般社団法人 日本シルクロード芸能文化協会

《鬼子母神堂前メインステージ公演詳細》
◎昼公演(12:00~13:00)
・津軽三味線と民謡
・インドと日本伝統楽器のコラボレーション 
 曲名:曹娘褌脱(芝祐康復曲)  
 曲名:上昇の彼方(沢井比河流作曲)

◎夜公演(19:00~20:00)
・北インド古典音楽
・インドと日本伝統楽器のコラボレーション  
 曲名:曹娘褌脱(芝祐靖復曲)   
 曲名:上昇の彼方(沢井比河流作曲)

《庫裏板間でのサロンコンサート(各20~30分程)》
・13:30~ 津軽三味線演奏 (演奏: 小山豊、小山清雄)
・15:30~ 箏演奏 (演奏: 市川慎)
・17:30~ インド古典音楽演奏(演奏: 寺原太郎、Ty Burhor)
*日本茶インストラクターの岩井利恵さんによる呈茶がございます(有料)
http://iwari.jp
・詳細は下記イベントページもご覧ください
https://www.facebook.com/events/527185614743584/

□ 一般社団法人 日本シルクロード芸能文化協会(jsco)について:

「伝統芸能の豊かな喜びをもとに、つながりあう世界」
私たち日本シルクロード芸能文化協会( jsco )は伝統芸能が内包している智慧や感性をもとに、芸術、音楽、テクノロジー、ビジネス等の境界を越え、異なるものを繋ぎ、現代の文脈に即した形の伝統芸能の「革新」と「継承」のプラットフォームを築くことによって、世界の多様な伝統芸能が交流、発展し、それぞれの国や文化の相互理解と、創造と発展の大きな循環が生まれる世界を目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です