11/23 めぐり逢う音とひかり ~「今」に響きあうシルクロードの西と東〜アラブ音楽と雅楽共奏


《 めぐり逢う音とひかり ~「今」に響きあうシルクロードの西と東〜アラブ音楽と雅楽共奏 》

かつて多くの人・モノ・文化が行き交い新たなものが生み出されたシルクロード。雅楽の楽琵琶とアラブの楽器ウードがともに古代ペルシャに源流をもっているように、日本の雅楽とアラブ音楽は西と東で遠く繋がりあっているのかもしれません。二つの旧き音楽が現代のシルクロードの終着地である現代の日本でめぐり逢います。

新たなものが生まれる象徴的な「道~タリーク~」

今回、2017年に文化勲章を受章された芝祐靖氏によって千年以上の時を経て甦った「復元正倉院楽器のための 敦煌琵琶譜による音楽」の楽曲をもとに、西と東がめぐり逢います。現代に甦る「今」のシルクロードの響きを是非ご堪能いただけましたら幸いです。

そのかつてない融合を、中目黒駅から徒歩4分程に位置する来年400年周年を迎える日蓮宗の正覚寺において、参加者が日本の精神性が凝縮されたコミュニティースペースという場のお寺にて、両文化の伝統音楽に触れ、深層で通じ合い響き合っていることを体感いただけましたら幸いです。

■日時: 2018年 11月23日(金祝日)13:00開場、14:00開演、16:00頃終了予定

■場所: 日蓮宗 正覚寺(東京都目黒区中目黒3-1-6) 中目黒駅徒歩3分

■主催: 一般社団法人 日本シルクロード芸能文化協会 (Japan Silkroad Cultural Organization (jsco)

■入場料: 4,000円(予約)5,000円(当日)

■ご予約お問合せ: info@silkroad-japan.com までメール申し込みください。

■出演者: 中村仁美(篳篥)、中村香奈子(龍笛)、中村かほる(楽琵琶)、大塚惇平(笙)、常味裕司(ウード)、西田ひろみ(バイオリン)、立岩潤三(ダラブッカ)、Yoshika(舞)

■当日演奏予定曲目:
・雅楽古典の部
「盤渉調調子 」「管絃 青海波」「越殿楽」
・アラブ音楽の部
「Samai Bayati」「Longa Sultaniyegah」「Samai Hijazkarkurd」「Kul da kan leh」「アルジェリアの夜」
・コラボレーションの部
芝祐靖 復曲による 天平琵琶譜「番假崇」(楽琵琶独奏)
芝祐靖 訳譜編曲による「復元正倉院楽器のための 敦煌琵琶譜による音楽」より「急胡相聞」「伊州」「急曲子」

■一般社団法人 日本シルクロード芸能文化協会について:
太古から人、モノ、文化や芸術など様々なものが行き交い融合しながら東西の発展・繁栄の懸け橋となった古代の交易路=シルクロードをコンセプトとして2018年に設立。
日本と各国の芸能文化を交流の中で発展させながら、最新のテクノロジーやビジネスの方法論など異なるジャンルの手法をとり入れ、新たな価値観を創出し、過去と未来、東西の世界を紡いでいく現代のシルクロードを目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です