声を通じた、新しいこと

*声のワークへたくさんお問い合わせいただき、ありがとうございました。お知らせが遅くなりましたが、一旦モニターの募集を締め切らせていただきました。また今回の経験を経て、ブラッシュアップした形で5月からまたシェアさせていただければと思います。

声を通じた、新しいことを始めます。

まだなんと説明をしたらよいのか、よくわからないけれども、とても可能性を感じること。

そのためにモニターをしてくださる方を募集したいと思います。

僕自身の今の笙の演奏活動のきっかけは、そもそも19歳の時に四国遍路をしたこと。どう生きていくべきか、指針を失っていた時、その身をもって四国の自然の中をひたすら歩き、祈る行為の中に、生きる力を取り戻していったこと。その身体感覚の蘇生とも言える体験の先に、今の笙との出会いの元にもなった、ヴォイスヒーラーの渡邊満喜子さんの元での身体と声の経験がありました。詳しくは昔に書いたこちらの文章を。

笙をはじめるまで*1 声から身体へ

笙をはじめるまで*2 身体から響きへ

笙をはじめるまで*3 響きから笙へ

渡邊さんのところを離れた後も、色々な方と共に、声から生まれてくる深い振動のようなものを共有する機会を作っていましたが、しばらくそういう活動からは離れていました。

先日、ほんとうに久しぶりに、何人かの方と一緒に声を出させていただいた時、自分自身の身体の深いところの感性が、蘇生してくる感覚を強く感じました。そして、その生命としての根源的な感覚を深めていくことと、それをシェアしていくこと。そのことにとても大きな可能性を感じました。

一方で、大きなためらいもありました。こういう感性を表に出していく時に、どうしても世間的には「宗教」「スピリチュアル」「ヒーリング」といった既存の「コンセプト」の中で誤解されていく可能性を感じました。そういったコンセプトの中で認知されていくことは容易いですが、同時に、そういうコンセプトの「文脈」の中に入っていくことは、そういう「ことば」の既存の認知の世界の中に絡め取られていくということでもあると。

それでもやはり、いまここで始めなければ何も始まらないし、何度も自分に問い直したその感覚の確かさに嘘をつくことはできないと感じ、ともかくもスタートさせることにしました。内容は、ひとまず以下のようなものを考えています。

1 大塚があなたの「うた」をうたいます。感じたことをシェアします。

2 もう一度、私が先ほどの「うた」のバイブレーションでうたいます。それと一緒に、声を出していただきます。単純なロングトーンでかまいません。

3 最後に、その時のバイブレーションで演奏する笙の響きを浴びていただきます。

4 すこしのあいだ、一緒に静かに座ります。現実に意識をもどしておわりです。

とはいえ、「声」をシェアしていくことに、どういう形や、可能性があるのか、僕にもまだわかりません。基本的に、そういう身体の感覚というのは、本質的に「シェア」の関係性の中で起こるものであり(それが生命感覚の本質なのですが)、だからこそみなさんと共に探求できる可能性のあるものだと感じています。

また「声」を通してやってくる感覚について、文章を書いてみたいと思いますので、そちらも参考にされてみてください。

ご希望の方は CONTACT からご連絡お待ちしております。

re-connectするシルクロード コンサート & ドキュメンタリー / PIA LIVE STREAMにて2/26〜3/7 本編映像オンデマンド配信

PIA LIVE STREAMにて「re-connectするシルクロード コンサート & ドキュメンタリー」映像本編オンデマンド期間限定配信 2021/2/26 19:00 〜 2021/3/7

★ チケットぴあにて視聴チケット販売中!!!
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?e…

***

笙奏者 大塚惇平が共同代表をつとめる SILKROAD JAPAN 主催で2020年12月21日(月)に行われた紀尾井ホール「re-connectするシルクロード 」公演。 そのコンサート映像とドキュメンタリーを交えた作品のオンデマンド配信が間近です。

今回、主催・企画・制作・音楽監修・演出・出演をする・・・という初めての機会でしたが、ほんとうに素晴らしい皆様のお陰で成功裏に終えることができました。

音楽的成果もさることながら、まさに、ワークインプログレスであること。の価値を見ていただける映像になっていると思います。 チケットはぴあから発売中です。2/26 19:00 〜 3/7 までの配信です。 みなさまのご観覧をお待ちしています!

***

2020年12月21日に紀尾井ホールで行われた、日本・世界の伝統音楽の第一線で活躍する総勢9名のプレイヤーたちによる、コラボレーションコンサート「re-connectするシルクロード 」の動画配信です!

今回、リハーサルの様子や出演者へのインタビュー、本番当日の舞台裏の様子などを交え、対話を重ねながら舞台を創り上げていくコラボレーションの「プロセス」を描いたドキュメンタリーもあわせてご覧いただけます。

コロナ禍で分断された社会の中で、伝統音楽を通じて「reconnect=繋がりなおす」ことを模索した演奏家たちの試みを、余すところなく伝えます。

昨年の演奏会にいらっしゃった方はそのメイキングや舞台裏をご覧いただく機会に、また、コンサートを見逃した方々にもコンサートの内容みならずメイキングや当日を迎えるまでの過程、演奏家からのインタビューも含めてどの様にしてこの異色のコラボレーションが創られたかお楽しみいただける内容になっています。

今回、期間限定のご視聴になりますので、皆様のご観覧をお待ちしています。

***

「re-connectするシルクロード」

かつてのシルクロードの終着点と言われる日本から、東から西へ、音楽を通した新たな繋がりを描くことができないだろうか。コロナ禍の中、人と人、国と国が分断され、あらゆる物事がリアルな状況から切り離されてしまっている今、日本の伝統芸能が宿している自然や他者との共生感覚を元に、多様性溢れる豊な音楽世界の繋がりを描きたい。そのような思いの元に、日本、アラブ、ペルシャ、インドの伝統音楽の奏者に集っていただきました。

洋の東西を問わず存在する「五大元素」の宇宙観を元にした小編成でのアンサンブル、今回の公演のために書き下ろされたオリジナル楽曲を中心にした出演者全員でのシルクロード・アンサンブルなど、今回の編成ならではの響きをお楽しみいただきます。異なるアイデンティティーを持つ個人・文化が出会うことで生まれる新たな価値を感じていただけましたら幸いです。

出演者:
岩崎和音(イラン・ペルシア古典音楽 サントゥール)
大塚惇平(雅楽 笙)
小山豊(津軽三味線)
木場大輔(胡弓・作曲)
立岩潤三(パーカッション)
常味裕司(アラブ音楽 ウード)
寺原太郎(北インド古典音楽 バーンスリー)
中村香奈子(雅楽 横笛・排簫)
山野安珠美(箏)
音楽監修・演出:大塚惇平
舞台美術:田中紗樹
照明:柳田恭宏
映像撮影・編集:natural Paradox
音響収録:梶野泰範
舞台監督:前田聡
フライヤーデザイン:Peach studio
製作総指揮:澤入由佳・大塚惇平

企画製作・主催:一般社団法人 SILKROAD JAPAN

対面・Zoomレッスンを再開します

コロナの状況下で長らくお休みしていたレッスンですが、再開いたします。

それにあたり、You Tubeに私が笙を通じてみなさんにお伝えできることをまとめてみました。

レッスンについての詳細はこちらのページをご覧ください!

12/21 re-connectするシルクロード

SILKROAD JAPAN企画製作・主催渾身の企画です!私自身企画製作・芸術監督・出演をしています。みなさんのお越しをお待ちしています!

***

かつてのシルクロードの終着点と言われる日本から、東から西へ、音楽を通した新たな繋がりを描くことができないだろうか。コロナ禍の中、人と人、国と国が分断され、あらゆる物事がリアルな状況から切り離されてしまっている今、日本の伝統芸能が宿している自然や他者との共生感覚を元に、多様性溢れる豊な音楽世界の繋がりを描きたい。そのような思いの元に、日本、アラブ、ペルシャ、インドの伝統音楽の奏者に集っていただきました。洋の東西を問わず存在する「五大元素」の宇宙観を元にした小編成でのアンサンブル、今回の公演のために書き下ろされたオリジナル楽曲を中心にした出演者全員でのシルクロード・アンサンブルなど、今回の編成ならではの響きをお楽しみいただきます。異なるアイデンティティーを持つ個人・文化が出会うことで生まれる新たな価値を感じていただけましたら幸いです。

【演奏日時】 12月21日(月)18:00開場 19:00開演

【全席指定】 5,500円(コロナ対策による座席数限定)

【会場】 紀尾井小ホール 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6−5 https://kioihall.jp/access

【出演者】
岩崎和音(イラン・ペルシア古典音楽 サントゥール)
大塚惇平(雅楽 笙)
小山豊(津軽三味線)
木場大輔(胡弓・作曲)
立岩潤三(パーカッション)
常味裕司(アラブ音楽 ウード)
寺原太郎(北インド古典音楽 バーンスリー)
中村香奈子(雅楽 横笛・排簫)
山野安珠美(箏)

舞台美術:田中紗樹
照明:柳田恭宏
映像撮影:natural Parado
音響収録:梶野泰範
舞台監督:前田聡
フライヤーデザイン:Peach studio

【チケットお申し込み】
チケットぴあ 0570-02-9999  Pコード:189494
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2029227

・当日券の発券は直前の状況により判断させていただきます旨ご承知おきください。
・車椅子をご使用のままご鑑賞いただける場合があります。車椅子でのご来場については、お早めに各公演主催者にご相談ください。
・3歳未満のお子様はご入場いただけません。

当公演は、新型コロナウィルス感染拡大予防対策を徹底し実施します。ご来場の際は、下記の点についてご留意ください。
咳エチケット、マスク着用、手洗い・手指の消毒の徹底をお願いいたします。
・社会的距離の確保の徹底をお願いいたします。
・下記の症状に該当する場合、来場をお控えください。
・37.5℃以上の発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・ 筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐

【お問い合わせ先】
企画製作・主催:一般社団法人 SILKROAD JAPAN
https://silkroadjapan.org/reconnecting-silkroad/
電話番号:050-1001-6933
e-mail : silkroadjapan2020@gmail.com

10/28 日本の伝統・雅楽「笙」の魅力を知る〈演奏会付き〉よみうりカルチャー講座

雅楽「笙」鈴木治夫・仕事場350-475.jpg雅楽「笙」大塚惇平350-475.jpg

奈良時代から受け継がれる雅楽の楽器「笙(しょう)」の魅力を堪能します。前半は、笙職人で演奏者でもある鈴木治夫さんと、新進気鋭の笙奏者として注目されている大塚惇平さんのトークです。後半は、笙の響きを独奏にてお楽しみいただく演奏会です。

【日時】 10月28日(水)19:00~20:15

【会場】 読売新聞東京本社3階「新聞教室」     東京メトロ千代田線・丸ノ内線・東西線・半蔵門線「大手町駅」C3出口直結)

【講師】 笙職人 鈴木治夫さん
     笙奏者 大塚惇平さん

【受講料】会員・一般 3,300円(税込み)

【問い合わせ・申し込み】事業担当 03-3642-4301

お申し込み〈コンビニ払込(別途、払込手数料110円)をご希望の方〉はこちら

お申し込み〈クレジットカード支払いご希望の方(外部サイト「パスマーケット」に移動します)〉はこちら


よみうりカルチャーでは、新型コロナウイルス感染拡大防止の三つの基本(身体的距離の確保、マスクの着用、手洗い)を踏まえながら、細心の注意を払って講座を運営しています。「新聞教室」を会場にした本講座でも、以下の防止策を行います。

講座当日は、お出かけの前に検温をお願いします。37度5分以上ある場合、ご受講できません。教室入り口でもスタッフが非接触型体温計で検温いたします。

・風邪の症状がある場合、ご受講をお控えください。
・教室入り口に、手指用の消毒液を用意します。
・講座中もマスク着用をお願いいたします。
・教室内のいすは、隣と距離を空けて配置します。
・換気のため、講座中も入り口の扉は開放します。

ご理解、ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

《問い合わせ》事業担当 03-3642-4301(平日10:00~19:00、土曜日は17:00まで)